若者
EDに関する若者の本音ブログ   >   若者にこそ知ってほしい薬

若者にこそ知ってほしい薬

知ってほしい

近年20代や30代の発症率が高くなっている症状といえば、EDと呼ばれる症状です。
勃起不全、勃起障害と言われるこの症状は本来は40代50代の中高年男性に多い症状と認識されていたのですが、近年では若い世代がこの症状に頭を悩ませていると言われています。
原因として考えられているのが精神的な問題であり、性行為に対する不安やプレッシャーなどが挙げられています。
精神的な問題はEDだけではなく、心にも大きな影響を与える可能性があり、症状に気づいた段階で治療を考える必要があります。
EDの治療として活躍しているのがバイアグラ・レビトラ・シアリスといった薬です。

その薬の中でもバイアグラは特に人気が高いです。
若い方ならテレビや雑誌等で名前は知っていると思いますが、効果に関する情報は知らない方が多いと思います。また勝手に勃起するとイメージされる方が多いと思いますが、これらには勝手に勃起するという効果はありません。
バイアグラはジェネリックも豊富にあり、様々なタイプがあるので自由に自分に合う薬を探すことができます。

バイアグラの次に生まれた薬がレビトラです。
この薬はバイアグラのデメリットを解消した薬であり、即効性の高い薬として人気があります。
使用後の約10分や20分ぐらいで効果が実感でき、早い段階で性行為を行うことができます。
ジェネリックも豊富にあり、中には水なしタイプ、早漏改善タイプなどもあります。

最後に開発された薬がシアリスになります。
この薬は他の2種類のデメリットを解消した薬で食事の後や突然のベッドインのタイミングにも対応することができます。
効き目が30時間以上と非常に長いので性行為の前日に使用したりすることも可能です。

EDを含んだペニスの問題は先延ばしにしてしまうと心の大きな負担へと繋がり、結果的にうつ病といった病を引き起こす可能性があります。
特に近年の若い方は大きな負担となる場合があるので、早期に治療することをおすすめします。